失敗しない!結婚式エンドロールでの写真の使い方・選び方のポイント

結婚式エンドロールで写真を使うの?

結婚式のエンドロールは

  • 動画を使用して事前に作成するもの
  • 撮って出しで当日の映像でエンドロールを仕上げるもの
  • 事前に写真をメインにつくるエンドロール

など様々なスタイルがあります。

動画をメインでエンドロールを制作するのは写真だけのものに比べて自作の難易度が上がったり、業者にお願いするときも値段は高くなる傾向があります。

そのため、写真主体のエンドロールを準備する新郎新婦も数多くいらっしゃいます。

結婚式エンドロールを写真メインで作る場合の必要枚数は?

結婚式のエンドロールを作成するにあたって写真を用意しなくてはいけません。

では、どのくらい写真が必要になるのでしょうか。

結婚式のエンドロールを5分で流すとしたら、おおよそ以下の様な時間構成になります。

  • BGM…300秒(5分)
  • はじめの挨拶:30秒程
  • 写真と共に、ゲスト名を流す ← 写真が流れる時間
  • 締めの言葉:30秒程

つまり写真を使用するのは4分程になります。

1枚あたりを高速で流すのではなく、せっかくならしっかりと見てもらいたいと考えると5秒ほどは1枚の写真を写しておきたいです。

そう考えると40枚程になります。

あくまで一般的な計算ですが、エンドロールはプロフィールムービーよりも長めに写真を流しても問題ないので、あくまで参考値にしてください。

結婚式エンドロールで使う写真の選び方

プロフィールムービー(生い立ちムービー)があるかないか

まずエンドロールに使用する写真を選ぶときに重要なのはプロフィールムービーを流したかどうかです。

プロフィールムービーは2人の生い立ちをメインに映像編集するものですので、2人の幼少期の写真なども多く使用すると思います。

なので、エンドロールは今回ゲストで来てくれた写真や2人だけの写真などをメインに構成するとよいでしょう。

もしプロフィールムービーをやっていなかった場合は幼少期の写真なども織り交ぜても良いかと思います。

前撮り写真があるなら積極的に使おう

1つオススメしたいのは前撮りの写真です。

前撮りの写真は記念に残す意味で別撮りしたかと思いますが、せっかくなら皆さんにも見ていただきたいですね。

しかも前撮り写真は昔の写真やスマホで撮った写真とは異なり画質も良いので、エンドロール映えも非常にします。

1点注意してほしいのですが、前撮り写真は撮影日から1ヶ月前後はデータをいただけないところが多いです。

もし前撮り写真をエンドロールに限らず結婚式で使用したい場合は早めに撮影を済ませておくと良いでしょう。

結婚式準備中の写真をエンドロールに使用する

もう前撮りとあわせてゲストが見れないシーンとしては準備中のシーンです。

  • 例えば頑張って小物をDIYしているところ
  • ドレスショップでドレスやタキシードを試着したりしてるところ
  • ペーパーアイテムやプロフィールムービーを自作しようとPCと格闘している様子

そんな様子は他の方にはみることはできませんし、今日という式でみなさんをおもてなしするために頑張っていたことを伝えることにも繋がります。

ゲストと一緒に写っている写真を使う

結婚式エンドロールのコメントメッセージ

結婚式エンドロールで写真を使用するなら一番おすすめなのは、ゲストと一緒に撮った写真です。

昔のものでも、最近のものでもOKなのですが、できれば全員が一回はエンドロールに登場するようにすると良いでしょう。

新郎新婦が思っている以上に自分(ゲスト)と一緒に写っている写真を使ってくれると喜んでくれますし、何より感謝の気持ちも伝わります。

気をつけるポイント

撮って出しエンドロールの魅力

結婚式のエンドロールの写真選びで気を付けなくては行けないのは大きく3つです。

(特に女性)他のゲストの写りは大丈夫か?

特に女性のトラブルになりやすいものが、女性ゲストの写真写りです。

どうしても自分が綺麗・かっこよく写っている写真を使いたくなりますが、一緒に写っている方の表情・写りは確認しましょう。

いくら新婦が写っていても、隣にいる当日来てくれたゲストが半目だったり、変な顔をしているのを使用したら…

スライドで写しても大丈夫な画質か?

昔の写真になると写真をスキャンして引き伸ばすことになります。

そのときに綺麗にスキャンできていなかったり、小さい写真だと画質が悪くなる可能性もあります。

スマホなども機種によっては大画面にしたときに映像が荒くなる可能性もあります。

PCで見ても平気でもスクリーンに写すと汚く見える場合もあるので一度上映確認したほうが良いでしょう。

清潔感はあるか?

最後に気をつけていただきたいのは昔の写真だといっても結婚式であるということです。

つまり相手の両親や主賓、友人などが見ているということを忘れないで頂きたいです。

いくら若かりし頃といっても相手の両親や主賓がみたときに良くない印象を持ちそうな写真はできるだけ避けたほうが無難でしょう。

エンドロールの写真は非常に重要!

結婚式のエンドロールは特別な演出や構成がない限り、

  • BGM
  • コメント
  • 写真・映像

で印象が決まります。

しっかりと写真選びも力を入れて最高のエンドロールを作ってください!

みんなで創る撮って出しエンドロールが新しい

マリーギフトというサービスは結婚式の写真投稿演出サービスですが、なんとゲストが投稿してくれた写真と名前とメッセージを使ってその場でエンドロールを作ることが出来ます。 自作でもない、業者の撮って出しエンドロールでもない、まさしくゲストと創り出す撮って出しエンドロール。 しかも写真投稿演出とエンドロールのセットで39,800円というお手頃価格! 結婚式写真投稿演出とエンドロールならマリーギフト
結婚式エンドロール.netTOP